無謀流将棋の真髄 ホーム »
最近の記事

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

永続的なお知らせ  

この記事は常に上に来るように設定しています



研究してほしい戦法や局面があればリクエストをいただけると優先的に研究しようと思います

もちろん僕の苦手な角換わりや相振り飛車などでもかまいませんし、四間飛車VS右四間飛車の四間飛車側といった指定でもかまいません

また、タイトル戦などにでてきた最新戦法の話でもかまいません


僕なりの考えで答えれるだけ答えようと思います

ただし、その内容が的確かどうかは別問題です

僕レベルの棋力の方も僕以上の棋力の方もたくさんいるので過度な期待はしないでください

「記事が役立った」「このジャンルの記事をもっとみたい」と思ったものには積極的に拍手ボタンを押してくださると、需要がわかりますのでぜひお願いします


持っている棋書リストを作成しました
新しく買うたびに随時更新していきます
-棋書リスト-

リクエストはどの記事でも良いのでコメントをしていただくか、ツイッターをやっているので、そちらにリプをいただけたら対応します

なお、ツイッターは将棋以外にポケモンや日常生活など呟くので将棋アカではありません
ツイッター

ブログにコメントを残しにくい質問や要望がありましたらこちらに言ってくれてもかまいません
ask.fm
スポンサーサイト

category: その他

tb: 0   cm: 0

もしかしたら有力?先手番一手損角換わり  

社会人アマチュアにとって研究時間は、なかなか取りにくいもの

僕は横歩取りが大好きで先手後手と愛用していましたが、もう定跡を整理しきれずについにギブアップしました
(後手番でやむを得ずなる場合はやりますが)

できるだけよくわからない戦型は避けるのが勝利への近道かもと思いました
同時に角換わりに最近ハマっていました
そこで、横歩取り回避で先手番で一手損角換わりしたらいいんじゃないか?と思いました
先手番一手損1

この局面で24歩と行くと横歩取りコースですが、22角成と手損覚悟で角換わりに誘導します
ここで角交換するとどうなるか?というと単純に「先手番だけど、後手を持って指すのと同じになる」です
将棋の真理的には先手の利を最大限に活かすべきですが、アマチュアなので・・・と言い訳させてもらいます

ポイントがありまして、▲24歩と△85歩を入れてから交換しましょう
▲26歩型△84歩型とお互いに飛車先不突きもありますが、お互い飛車先は決めた状態にしてから交換しましょう
理由は研究量を減らすからです

先手は事実上後手番を持つ局面になっていますが、後手番のメリットとして相手の出方をみてから自分の手を選べるというところがあります

角換わりのジャンケンの法則
棒銀≧腰掛け銀>早繰り銀>棒銀
があります
後手は事実上先手番を持ってるわけですから、棒銀、早繰り銀、腰掛け銀 どれかを選ばないといけないのですが
棒銀、早繰り銀はそれぞれ定跡がしっかりできているのでこちらとしては不満はないです

結局腰掛け銀になるんですが
早めに85歩と77銀の交換が入ってるので、そのまま駒組みを続けるとこの局面になります
先手番一手損

これは「角換わり腰掛け銀 後手74歩型に対して2五歩型」の先後逆バージョンです(名称ややこしい)
通常は74歩型に対しては、25歩以外に25桂、68金右、18香などが選べるのですが、序盤早々に後手が85歩を決めているので25歩型に誘導できるのです

つまり、普通に後手で74歩型持つ人なら結局先手でもこれやっちゃえば横歩取りと先手角換わりの研究しなくてすむやん!っていう安易な考えですw

現状 僕は先手の利より、25歩型(先後逆なので85歩型)に誘導できることの方が得だと思っています


ちなみに以下の指し手は王将戦第5局 渡辺-郷田戦の郷田さんの指し手がいいと思います
図以下
▲45歩△46角▲18飛△65歩▲同歩△同桂▲66銀△65歩▲67歩(渡辺-郷田戦は符号の先後は逆ですw)
先手番一手損3

狙いとしては角を退かして先手が3筋突き捨てて桂馬もったら厳しい筋できますよーってことです
実際の渡辺-郷田戦は見落としがあり渡辺さんが勝っていますが、分かれは郷田さんの方がよかったみたいです

ちなみに、早めに飛車先を決めたのを損にしないようにということで、王将戦第1局でもあったこの特殊な先後同型も可能性として十分あるのでこちらもしっかりと研究しておくべきですねw
先手番一手損4

少しは役に立ったと思ったら拍手ボタンやこちらのボタンを押してください

将棋 ブログランキングへ

次回からの参考や、僕のモチベーションアップに繋がります

category: 将棋 研究

tb: 0   cm: 1

お知らせ  

電王戦記事の途中でもありますが、一時 更新停止します

理由としては
1.仕事が忙しくてブログを書く暇がない
2.研究する暇がない
3.1.2の理由から内容が薄くなる
4.そもそものコンセプトの初心者向けの勉強法などの記事は書き尽くした

というところです

これからは、すごいマイペースで考えがまとまったときに突発的に更新します

これからもよろしくお願いします。

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

電王戦Final 第2局 Selene-永瀬六段 感想   

電王戦第2局感想です

先手のセレネは、プロの公式の棋譜やソフトの棋譜などを元にして勝率優先で定跡を選択するソフトで、実戦がある形ならどんな形でもやってくるので、少しつかみ所がわからない将棋を指します

後手の永瀬六段は千日手名人の異名をもち、盤面を埋める受けが特徴で将棋一筋 職業:プロ棋士 趣味:将棋 のような人です 将棋に対して真摯で勝つための拘りは人一倍だと思います


そんな2者の対局ですが

セレネの独特の序盤から角換わり系の相居飛車の力戦に・・・
で2-1

後手は飛車先交換をしてやや得したように見えますが、飛車先の交換はあまり気にしないのがソフトの特徴
さてさて、どちらの大局観が正しいのか・・・

しばらく駒組みが続き先手の右玉、後手の菊水矢倉?に
で2-2

ここから先手は▲24歩とつっかけて後手は手に乗って銀冠に組み替えます
プロの銀冠評価値はかなり高く後手満足じゃないかなという感じです
このままゆっくりしていると千日手、もしくは後手だけいい形にどんどんなっていくので先手は将棋の急所である桂頭を攻めていきました
7筋にイヤミをつけてから2筋で桂交換
で2-3

セレネはもちろん強いソフトなのですが、このあたりは強いというより上手いな~と思いました

後手もこのままボーっとしておくと桂、銀、飛車を同時に攻められてマズいので8筋に味付けしてから1筋へ端攻めします
先手の端攻めが来る前に後手は7筋でポイントを上げれば後手が一気に優勢になる局面になりました
で2-4

端攻めは部分的にはかなり厳しい攻めなので1度受けると思われましたが、セレネは果敢に攻め合います

で2-5

▲41角!と打ったときは先手がやや良さそうというのがソフトの評価値、プロの評価 ともに一致していたと思います


が、数手後のこの△81飛が非常にうまい手で永瀬六段は自玉の安全度 敵玉の危険度を見切っていました
で2-6

もちろんセレネは角を切って歩を成ります!
で2-7

この局面で必殺の手がありました!

それが△16角です!!!!!
で2-9
超手数だが、これで先手が寄り筋だというのです
一直線で超手数の読みはソフトが苦手とする分野でソフトは自分の置かれた状態にまだ気づいていません
先手いいんじゃないかな?という局面からバッサリと一刀両断 刹那の見切りでした

これは後手勝勢か!となりましたが、最後の事件が起きました
先手の歩合いに対して永瀬六段は△27角不成!!!!!
で2-8


ソフトによっては歩不成、角不成、飛車不成(この3つはほとんどの場合成るほうが得なので)は読みを簡略化するために省いているものがあります
セレネはこの角不成をうまく読み取ることができなくて王手放置をし、▲22銀としてしまい
先手の反則負けとなってしまい永瀬六段の勝利になりました

すみません 王手放置の局面はうまくつくれなかったので、これを投了図とさせていただきます
で2-8


これで、プロの2連勝ですね

1局の感想として、またしても永瀬六段の指しまわし、大局観は完璧だったと思います
中盤の入り口はちょっと先手いいんじゃないか?となっていましたが、81飛車からの見切りはすばらしく一気に後手良しに傾きました
もしかしたら、先手の7筋攻めはそもそも無理攻めだったのではないのか?というのが僕の感想です
それこそソフトの苦手とする長手数の読みです 現局面の評価ではなく今後の指しやすさ、有利になりやすさ
人間の言葉で言えば大局観でしょうか
そういう意味では大局観が本局では永瀬六段が上回っていたと思います

また、角不成には賛否両論ありますが
局面事態は後手勝勢でしたし、今までの電王戦は人間がソフトに指摘してもらう立場でしたが、今回は立場が逆転しているなという印象が1局2局を通じて思いました

非常におもしろい対局でした


少しは役に立ったと思ったら拍手ボタンやこちらのボタンを押してください

将棋 ブログランキングへ

次回からの参考や、僕のモチベーションアップに繋がります

category: 将棋 話題

tb: 0   cm: 0

電王戦Final 第1局 斉藤-Apery 感想  

電王戦はじまりましたね
今年も感想を書いていこうと思います!

斉藤五段はイケメンでトークもおもしろくて性格もよくて男女ともに好かれている関西の新王子ですね
将棋も詰将棋が得意で最短の勝ちを目指す棋風で、C級2組を1期抜けするなど最強最速の将棋とも称されています
居飛車党で電王戦出場が決まってから振り飛車も指しはじめていたり、将棋好きがものすごく伝わってくる棋士です

一方 Apreyは第24回コンピュータ将棋選手権で優勝する実力をもっている超強豪ソフトです
なんでこれが先鋒なんだよー!って正直思いましたw
開発者の平岡さんはプロ棋士とはまた別の視点 開発者の視点で将棋にひたむきで
コンピュータ将棋をちょっとでもよくしよう!という情熱がある方です


そんな2者の対局なんですが

先手の斉藤五段は居飛車で
後手のAperyは角道を止める四間飛車になりました
で1-1

相穴熊模様になって、これは長くなる将棋だなと思ってました
で1-2
相穴熊は穴熊の速度計算はソフトがミスりやすいということで人間有利という説もありますが、その分中盤が長いのでソフトが存分に力を発揮してジワジワと差を広げていくという展開もありましたので、五分五分だなと思っていました

が、そんな予想とは反して斉藤五段が銀を引いていきなり開戦をしました!
で1-3
こうなれば穴熊になることはなくなりました
98香が不要の一手になりますが、振り飛車も72銀と美濃囲いも完成させていないので、どちらも恐いです

後手のApreyは65銀!と玉頭銀と超積極的にいきました!
で1-4
正直 この手は成立するとは思ってなかったのですが、やっぱり、穴熊目指そうとしてるところに角交換されて、玉頭も狙われてるし、4筋の歩も延びてるから局面的には先手が良くなりそうなんだけど、先手持ちたくないっていう感覚でした
結果、この手はやはり暴発気味の手で、ここからの斉藤五段の指し手は完璧でした

がら空きになった2筋を突破して浮いている61の金をポロっと取りました
でー1-5
美濃囲いの要の金を取れたのは大きいですし、それ以上に今回後手は美濃囲いすらできてませんでしたから、ダメージはかなりデカいです

そこから先手は銀得して「有利な時は簡単に」ということで局面をサッパリさせてから一気に寄せていきました!
で1-6

この銀打ちが決め手であとこのあと後手からの最後の足掻きがきましたが、キッチリと見切って斉藤五段が勝ちました

投了図
で1-7




1局を振り返ってAperyは本来の持ち味を出せなかった将棋だと思いますが、斉藤五段がうまくその力を封じ込めて完璧に勝ちました
Apreyはかなり強いソフトなんですが(なんせ優勝している)そのソフトに真っ向から戦って完勝したもんですから、Apreyは本当は弱いんじゃないか?という錯覚ができる起こるぐらい斉藤五段が完璧でした
・作戦の選び方
・時間の使い方
・終盤の決め方
どれをとっても1つもミスがなかったと思います

また、囲いって大事だなとも改めて思いましたw


とても面白い将棋だったので残りの4局と斉藤五段、Apreyの今後の活躍にも期待します!

少しは役に立ったと思ったら拍手ボタンやこちらのボタンを押してください

将棋 ブログランキングへ

次回からの参考や、僕のモチベーションアップに繋がります

category: 将棋 話題

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。