FC2ブログ
無謀流将棋の真髄 ホーム »角換わり腰掛銀 研究
カテゴリー「角換わり腰掛銀 研究」の記事一覧

角換わり腰掛銀 同型で思うこと その2  

2014年の4月以降 同型腰掛け銀が指されたのは僕の記憶では5局あります
そして、全て富岡流を避けています
下図が基本図とします
どうけい1


5月8日 村山-豊島
4→2→1→7→3の▲35歩に△86歩と反撃する将棋で後手逆転勝ち
どうけい3

5月13日 長岡-横山
4→2→1→7→3の▲35歩に△81飛と引く将棋で熱戦ながら先手勝ち
どうけい4


8月15日 糸谷-羽生
基本図1手前の▲25歩に対して△33銀のかわりに△65歩とするツツカナ新手の将棋 熱戦ながら先手勝ち
どうけい5


11月6-7日 糸谷-森内
基本図より4→1→7→3と2筋の突き捨てを保留する変化(先手が変化した) 結果は後手勝ち
どうけい6


11月20日 羽生-三浦
基本図より4→3という順番で突き捨てる将棋(これも先手が手を変えた) 結果は先手勝ち
どうけい7



順に僕の現時点での感想を書きます

1.村山-豊島戦
どうけい3

この手はよくわかる角換わりに載っている手で、個人的にはアマチュアではすごく有力だと思っています
普通に受けるより攻め合いになりやすいですし、やはりアマチュアでは受けてばかりより攻め合った方が断然勝ちやすいからです
しかし、プロ間では後手の動きがやや無理気味だと思います 正確に対応されると先手良しだと思います
村山-豊島戦もはじめの分かれは先手良しでしたが、最後に後手が逆転しました
この逆転のしやすさも考慮すると本当に有力かも


2.長岡-横山戦
どうけい4

この手はこれからの角換わり腰掛け銀に載っている手です
▲72角と打つのは毒饅頭で後手がよくなります
先手は▲45桂と跳ねて1歩入手して▲74歩を狙います
この△81飛の意味 後手の狙いは
1.▲73歩成とされたとき飛車取りにならない
2.△41飛と大転回して4筋から成りこむ
です
かなり難解な将棋になる印象がありますがやはり後手が無理しているように思えます

3.糸谷-羽生戦
どうけい5
▲25歩に対して△33銀とせずに、△65歩としました
以下、▲同歩△33銀とするのがコンピュータソフトのツツカナがやったというツツカナ新手です
これからの角換わり腰掛銀に載っています
意味としては、攻め合いに持ち込みやすくするということです
先に△65歩と突き捨てておくことによって△65歩や△65銀といつでもできるようになります
ただ、デメリットもあります
1歩先に渡してしまうので先手の攻撃力がさらに増してしまいます
突き捨てを逆用される展開になりやすいです
しかしこれも力の勝負になりやすいので有力だとは思います

4.糸谷-森内戦
どうけい6
先の糸谷-羽生戦(竜王戦挑戦者決定戦第1局)で42173の順を糸谷さんがしました
勝った糸谷さんが42173の順を避けたのはどういう理由があったのかが気になります
本局はかなり工夫を凝らした順になりました
結果は後手が勝ちました

5.羽生-三浦戦
どうけい7
またしても先手が42173の順を避けました 本局は43の順です
これは旧式で、42173の前は43が主流でした
結果は先手が勝ちました



ここで今疑問に思っていることは、何故先手が富岡流を避ける順を選ぶのか?ということです
上3つの対策

仮説1.後手が富岡流を避ける86歩、81飛、ツツカナが面倒だからか?
この場合、他の突き捨ての順にした方が楽ということです 
となれば徐々に同型は増えてくると思います

仮説2.富岡流を打ち破る新手が水面下で現れたから
この場合、必勝定跡の富岡流が逆に必敗定跡になってしますので42173はやりすぎということになってしまいます
となれば今まで富岡流に苦しめられて消えていた同型が爆発的に増えてもおかしくはないと思います

仮説3.ソフトの参入
ここ数年、将棋のコンピュータソフトが新たな定跡を作るのも普通になってきました
そこで昔の将棋、定跡を1から見直されている傾向があります
それに伴って同型角換わりも実験的に見直されているのかもしれません



と、ここまで好き勝手思うことザザーっと書いてみました

僕は今のところ角換わりは後手でしか持たないので同型復活は興味があります
富岡流回避の△86歩が1番有力だと思っていて実際にやる場合も多いです
が、富岡流を真っ向から叩く手段があるのならもっと楽しくなってきますね

角換わりをするためには2手目84歩としなければなりませんが、先手は矢倉と角換わりを選べます
今、矢倉がかなり多様化していて先後ともに混沌時代に突入していると思います
そして、角換わりも同型が復活の兆しがあるのでますます混沌とするかもしれません


これからの将棋界にますます注目ですね

少しは役に立ったと思ったら拍手ボタンやこちらのボタンを押してください

将棋 ブログランキングへ

次回からの参考や、僕のモチベーションアップに繋がります
スポンサーサイト



category: 角換わり腰掛銀 研究

tb: 0   cm: 3

角換わり腰掛銀 同型で思うこと  

2014年の4月からのプロの公式戦シで僕の記憶だけで角換わり腰掛銀の同型が5局現れています
5局だけ?と思われるかもしれませんが、これは将棋界的には事件だと思っています

下図が同型腰掛銀の基本図です
どうけい1

そもそも将棋は先手がやや有利と言われているゲームです
そこで全く同じ局面だとすると先に1手指せる先手が有利になるでしょ?というものが1つの形としてできたのが同型腰掛け銀だと思っています(個人的には)


同型腰掛け銀は数々のドラマと歴史がある戦型なのですが、今は富岡流という指し方が強力で先手が勝ちという結論になっています
富岡流は基本図から
4筋→2筋→1筋→7筋→3筋と突き捨てていきます
語呂合わせは「世に伊奈さん(よにいなさん)」です
この突き捨ての順番も歴代の猛者達が洗練していきこの順番がベストだというのが’今’の結論になっています

この戦型の先手の基本的な狙いは、突き捨てて攻めを色々な筋を絡めて一気に攻め潰そうということです
それぞれの筋の突き捨ての意味は(個人的に思っているだけですが)
4→銀、桂の進出のため またいつでも1歩入手可能にするため
2→飛車をいつでも走れるようにするため
1→端攻め ▲12歩△同歩▲11角など
7→▲74歩と桂頭を攻めるため、メインの狙い筋
3→▲45桂と跳ねてから▲33歩と叩いたり、玉のコビンを攻めやすくするため

4筋で歩を入手して、桂頭を攻める狙いで、それを防がれたら端からいきます という感覚です
1歩持ってから突き捨ててもその筋の歩を後手が後からなら取ってくれない(突き捨てが入らない)可能性があるので先に突き捨てるんですね


一方、後手の狙いは 先手がいっぱい突き捨ててくれるなら必然的に歩得になるので一旦先手の攻めを受け止めて力を溜めてカウンターする もしくは、先手の攻めは無理攻めですよと完全に受け切る
どちらからの方針になります


話を富岡流に戻します
富岡流は先手の攻撃に後手が自然に進めれば発動します

同型の基本図から
▲45歩△同歩▲24歩△同歩▲15歩△同歩▲75歩△同歩▲35歩△44銀▲24歩△同歩▲同飛△23歩▲29飛
△63金▲12歩△同香▲34歩△38角▲39飛△27角成▲11角△28馬▲44角成△39馬▲22歩
どうけい2

長くなりましたが、飛車を見捨てて一気に寄せてしまうのが富岡流でこうなれば先手必勝です
ただし詳しい手の意味や定跡を知っていればという条件があります

もちろんプロなら先手勝ちです



同型腰掛け銀をするにはこの富岡流を何とかしないといけません
富岡流になれば後手は負けてしまいます

しかし完成度が高すぎる定跡なので誰も挑戦する人がいませんでした

そんな同型腰掛け銀が今年の4月からで少なくとも4局は出てるのです


では、後手の対策は?

1.富岡流を打ち破る新手を編み出す
2.多少無理してでも富岡流を避ける

のどちらかです

その5局は全て2の富岡流を避ける方法でした

それは次回に紹介します


ちなみに2番の富岡流を避けるという意味をもっと大きくすると・・・・
富岡流を避ける→同型を避ける→同型が消え、△74歩型、△73歩型、△65歩型が主流になる
という展開になっています



同型について詳しく知りたい方や興味を持った方はこちらの本をオススメします
マイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わりマイコミ将棋BOOKS よくわかる角換わり
(2011/08/19)
西尾 明

商品詳細を見る
これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/01/16)
吉田 正和

商品詳細を見る
中村太地の角換わり 最先端への道案内 (マイナビ将棋BOOKS)中村太地の角換わり 最先端への道案内 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/08/18)
中村 太地

商品詳細を見る


少しは役に立ったと思ったら拍手ボタンやこちらのボタンを押してください

将棋 ブログランキングへ

次回からの参考や、僕のモチベーションアップに繋がります

category: 角換わり腰掛銀 研究

tb: 0   cm: 2

角換わり腰掛銀△74歩型-▲18香型 その2  

前回に引き続き、18香型の続きです 今回はこれからの角換わり腰掛け銀の変化について研究します

▲18香の基本図から
KGKG74-18-1.gif
△73桂▲45歩△同歩▲同銀△同銀▲同桂△44銀として下図です
KGKG74-18-3.gif
前回はここで▲75歩と桂頭を攻めましたが、攻め合って後手が指せると思います

今回はここで▲51角とする手をみます
KGKG74-18-7.gif
この手はこれからの角換わり腰掛け銀に載っている手です 
本では△84角と対応していますが、△62銀とシンプルに角取りに打つ手を検討していきます

KGKG74-18-8.gif
▲同角成や▲42角成は先手が駒損で後手良しなので、▲83銀とする一手になります
以下、△同飛▲62角成△69銀▲68金寄△59角▲49飛△78銀成▲同金△37角成
と進み下図です

KGKG74-18-9.gif
先手は次に△48歩と飛車を封じられるとダメなので攻めなければなりません
ここで▲53桂成と捨てる手が攻めを繋げる好手になります
桂を捨てることにより飛車が直通します 以下
△同銀▲43歩△同金左▲61馬とします

KGKG74-18-10.gif
飛車取りと▲43馬が厳しいです 後手は飛車を取らせて馬をそっぽに向かせている間に何かする方針で指します
まずは待望の△48歩と飛車先を止めます
以下、▲39飛△28馬▲83馬△39馬▲71飛△49歩成▲31銀△33玉と進み結果図です

KGKG74-18-11.gif

結果図の形勢判断は非常に難解だと思います

駒割は先手の桂損 しかし、21桂、73桂、11香、91香が将来的に取れそうなので互角かそれ以上か
玉の堅さは微妙 先手はまだ金銀2枚でしっかりしているが後手玉は入玉できそう
駒の効率は先手がいいと思う が、後手も飛車を打ち込んでから△57馬とすれば相当(馬を引くためにと金を作った)

これからの展開は
1.先手が後手を寄せきるか、後手が入玉してしまうかという勝負
2.後手が飛車打ち~馬引きと手番を得て先手玉を寄せきるかという勝負になると思います

攻めている先手の方が良さそうな気もしますが、個人的にはまだまだ後手やれると思っています


先後ともにまだま変化の余地があるのでもっとお互いにいい手があると思いますが、▲18香型の研究は一旦終了します
次回は▲68金右型をやる予定です


これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/01/16)
吉田 正和

商品詳細を見る
中村太地の角換わり 最先端への道案内 (マイナビ将棋BOOKS)中村太地の角換わり 最先端への道案内 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/08/18)
中村 太地

商品詳細を見る


少しは役に立ったと思ったら拍手ボタンやこちらのボタンを押してください

将棋 ブログランキングへ

次回からの参考や、僕のモチベーションアップに繋がります

category: 角換わり腰掛銀 研究

tb: 0   cm: 0

角換わり腰掛銀△74歩型-▲18香型 その1  

僕は後手番のみ角換わりを持ちます その中の少ない知識と経験から少しだけ研究してみました
目的は後手良しにすることです

KGKG74.gif
これが角換わり腰掛銀△74歩型の基本図です
図までの手順は省きます
ここで、先手の選択肢は
1.▲25桂
2.▲25歩
3.▲18香
4.▲68金右
5.▲67金右
と非常に手が広いです

1.▲25桂は△24銀▲28角△75歩~と進み後手良しになります
2.▲25歩も△65歩から後手が攻めて後手良しになります

現状、後手良しの定跡があるので1.2は省きます


3.△18香
KGKG74-18-1.gif
この△18香は非常に難敵です。何せ、これからの角換わり腰掛銀、中村太地の角換わりどちらの本でも先手良しの結論で終わっているからです。手の意味を一言で表すと「非常に高度な手待ち」です
後手も手が広く様々な手がありますが、今回研究する手は
△73桂です
KGKG74-18-2.gif
これからの角換わり腰掛銀には先手良しとなっています
今回紹介する変化は本の変化の工夫ではありません(それは次回)
今回は僕の実戦であった将棋をそのまま紹介します(事前研究に上手くハメれた将棋です)
△73桂以下、▲45歩△同歩▲同銀△同銀▲同桂△44銀となり下図

KGKG74-18-3.gif
これからの角換わり腰掛銀では図以下、▲51角と打って先手よしとなっています
実戦は▲75歩と桂頭を攻めてきました

KGKG74-18-4.gif
以下、△69銀▲68金右△78銀成▲同金△75歩▲74歩△59角▲49飛△77角成▲同金△86歩▲同歩△76銀▲73歩成△77銀成▲同桂△86飛▲87歩△66飛▲56桂△68飛成

KGKG74-18-5.gif
となり後手勝勢に
長くなって恐縮です
手順中先手はもう少し工夫はできたと思いますが、一直線に進んだ変化はこれだと思います
図以下は、▲68銀△76歩▲44桂△77歩成▲97玉△85桂▲86玉△75金▲85玉△65竜▲84玉△93金で詰みです
KGKG74-18-6.gif


実戦はもっと先手に工夫する手はあったと思いますが、それでも▲18香に△73桂と跳ねる手はある程度は成立していると僕個人は思っています
角換わり腰掛銀の後手はプロでも非常に苦しいので穴だらけの研究になると思いますが、何かのきっかけになれば幸いです。

実戦譜

角換わり腰掛銀のバイブル!
これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/01/16)
吉田 正和

商品詳細を見る
中村太地の角換わり 最先端への道案内 (マイナビ将棋BOOKS)中村太地の角換わり 最先端への道案内 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/08/18)
中村 太地

商品詳細を見る


少しは役に立ったと思ったら拍手ボタンやこちらのボタンを押してください

将棋 ブログランキングへ

次回からの参考や、僕のモチベーションアップに繋がります

category: 角換わり腰掛銀 研究

tb: 0   cm: 2

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop