FC2ブログ
無謀流将棋の真髄 ホーム »2014年12月
2014年12月の記事一覧

2014年発売の棋書の中で特によかったもの5選  

2014年ももうすぐ終わりますね
今年は生活環境がかわったこともあり、本を読む時間が例年より減ってしまいました
14年発売の本でも後回しにしてまだ買えていないのもあり、あすので、そちらも別枠で紹介します
また、ランキングではありません
買ってよかったもの

・これからの角換わり腰掛け銀 吉田正和

僕が角換わりをはじめたきっかけですね
同型以外の専守防衛策、待機策、その他のやや特殊な作戦などさまざまな角換わり腰掛け銀がのってます
入門書としては難しいですが、はじめはプロの将棋の観戦用に買いましたが、理解が深まるごとに2013年は大嫌いだった角換わりも好きになりました
と、いってもまだ、後手番でしか角換わりはできないんですが・・・


・逃れ将棋 森信雄
以前にも記事に書きましたが、読みの練習にはうってつけの本ですね
感覚派の自分にはとても新鮮でした
これ、ダメなのかーっていう問題が多かったですね


・角交換四間飛車を指しこなす本 藤井猛
待望の本家のKKS本
僕は指す側ではなく、受ける側なのですが、基本的な狙いが書いてあって、定跡書というよりは漠然とした戦法そのものの狙いを明快に説明している本なので、KKSの入門書としてもわかりやすいですし、指しなれている人にとっても理解を深めることにも非常に役立ちます


・現代横歩取りのすべて 村田顕弘
横歩取りは相変わらず大流行
青野流、飛車ぶつけ、62玉型、後手美濃囲いetc・・・
みてるほうは、なんじゃこりゃ?という横歩取りの定跡書
定跡書というよりお互いの狙いを解説した本といった方がいいのか?
横歩取りが好きな人はぜひとも読んでいただきたい


・矢倉5三銀右急戦 村山慈明
クリスマスぐらいに発売された 矢倉党待望の53銀右急戦本
この戦法の歴史を初期→渡辺W新手→その後→これから というようにプロの実戦をもとに開設しています
定跡書というよりも個人的には棋譜並べの解説書という感じです
プロの実戦がそのまま定跡になっているから当たり前といえばそうなんですけど
巻末にどのような対策で結果はどうなったかとザックリ書いているので、読み返しやすさもいいですね
10年以上使える本なのでは?と個人的には思っています
53銀右急戦をする人ならもちろん、先手で矢倉をする人、プロの将棋をより深く観たい人にはオススメの本です



2014年発売の本で買いたかった本 一覧

・超速▲37銀戦法 畠山成幸
・これからの相振り飛車 西川和宏
・藤森流急戦矢倉 藤森哲也



もうすぐ本ブログも解説1年になります 今年 たくさんのアクセス コメント 拍手ありがとうございました
来年もよろしくお願いいたします

これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)これからの角換わり腰掛け銀 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/01/16)
吉田 正和

商品詳細を見る
逃れ将棋逃れ将棋
(2014/01/18)
森 信雄

商品詳細を見る
角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)角交換四間飛車を指しこなす本 (最強将棋21)
(2014/07)
藤井 猛

商品詳細を見る
現代横歩取りのすべて (マイナビ将棋BOOKS)現代横歩取りのすべて (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/10/23)
村田 顕弘

商品詳細を見る
矢倉5三銀右急戦 (最強将棋)矢倉5三銀右急戦 (最強将棋)
(2014/12)
村山 慈明

商品詳細を見る
決定版! 超速▲3七銀戦法 (マイナビ将棋BOOKS)決定版! 超速▲3七銀戦法 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/04/23)
畠山 成幸

商品詳細を見る
これからの相振り飛車 (マイナビ将棋BOOKS)これからの相振り飛車 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/06/13)
西川 和宏

商品詳細を見る
藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)藤森流急戦矢倉 (マイナビ将棋BOOKS)
(2014/08/18)
藤森 哲也

商品詳細を見る


少しは役に立ったと思ったら拍手ボタンやこちらのボタンを押してください

将棋 ブログランキングへ

次回からの参考や、僕のモチベーションアップに繋がります
スポンサーサイト



category: 将棋 棋書レビュー

tb: 0   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop