FC2ブログ
無謀流将棋の真髄 ホーム » 将棋 研究 »もしかしたら有力?先手番一手損角換わり

もしかしたら有力?先手番一手損角換わり  

社会人アマチュアにとって研究時間は、なかなか取りにくいもの

僕は横歩取りが大好きで先手後手と愛用していましたが、もう定跡を整理しきれずについにギブアップしました
(後手番でやむを得ずなる場合はやりますが)

できるだけよくわからない戦型は避けるのが勝利への近道かもと思いました
同時に角換わりに最近ハマっていました
そこで、横歩取り回避で先手番で一手損角換わりしたらいいんじゃないか?と思いました
先手番一手損1

この局面で24歩と行くと横歩取りコースですが、22角成と手損覚悟で角換わりに誘導します
ここで角交換するとどうなるか?というと単純に「先手番だけど、後手を持って指すのと同じになる」です
将棋の真理的には先手の利を最大限に活かすべきですが、アマチュアなので・・・と言い訳させてもらいます

ポイントがありまして、▲24歩と△85歩を入れてから交換しましょう
▲26歩型△84歩型とお互いに飛車先不突きもありますが、お互い飛車先は決めた状態にしてから交換しましょう
理由は研究量を減らすからです

先手は事実上後手番を持つ局面になっていますが、後手番のメリットとして相手の出方をみてから自分の手を選べるというところがあります

角換わりのジャンケンの法則
棒銀≧腰掛け銀>早繰り銀>棒銀
があります
後手は事実上先手番を持ってるわけですから、棒銀、早繰り銀、腰掛け銀 どれかを選ばないといけないのですが
棒銀、早繰り銀はそれぞれ定跡がしっかりできているのでこちらとしては不満はないです

結局腰掛け銀になるんですが
早めに85歩と77銀の交換が入ってるので、そのまま駒組みを続けるとこの局面になります
先手番一手損

これは「角換わり腰掛け銀 後手74歩型に対して2五歩型」の先後逆バージョンです(名称ややこしい)
通常は74歩型に対しては、25歩以外に25桂、68金右、18香などが選べるのですが、序盤早々に後手が85歩を決めているので25歩型に誘導できるのです

つまり、普通に後手で74歩型持つ人なら結局先手でもこれやっちゃえば横歩取りと先手角換わりの研究しなくてすむやん!っていう安易な考えですw

現状 僕は先手の利より、25歩型(先後逆なので85歩型)に誘導できることの方が得だと思っています


ちなみに以下の指し手は王将戦第5局 渡辺-郷田戦の郷田さんの指し手がいいと思います
図以下
▲45歩△46角▲18飛△65歩▲同歩△同桂▲66銀△65歩▲67歩(渡辺-郷田戦は符号の先後は逆ですw)
先手番一手損3

狙いとしては角を退かして先手が3筋突き捨てて桂馬もったら厳しい筋できますよーってことです
実際の渡辺-郷田戦は見落としがあり渡辺さんが勝っていますが、分かれは郷田さんの方がよかったみたいです

ちなみに、早めに飛車先を決めたのを損にしないようにということで、王将戦第1局でもあったこの特殊な先後同型も可能性として十分あるのでこちらもしっかりと研究しておくべきですねw
先手番一手損4

少しは役に立ったと思ったら拍手ボタンやこちらのボタンを押してください

将棋 ブログランキングへ

次回からの参考や、僕のモチベーションアップに繋がります
スポンサーサイト



category: 将棋 研究

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/11/05 22:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://onancy.blog.fc2.com/tb.php/124-d2a53dc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

▲ Pagetop